大泉寺院

本堂・境内

本堂・境内

     本堂

                  本堂

     弘法大師
                    弘法大師

   ご本尊

                   ご本尊

空海 (弘法大師)のお言葉

                                                                                                                                                           月の光で自分の心を照らし出す

   慈悲の心を導き入れ、仏と一つになる

 水い映る月影は仮のすがた、肉体に宿る自我もまた空(くう)である。

 如来は人のために真理を説く、その大いなる慈悲を衣としようーーー。

「水月(すいげつ)の喩(ゆ)を詠ず」という詩の一節です。

ちなみに、空海は早くから漢詩の才能に優れ、平安時代初期の最高の詩人の一人に

数えられています。唐への留学中にもいくつかの詩を詠んでおり、

唐の詩人たちはその才能に驚嘆したそうです。

 満月の晩、池や沼の水面にはくっきりと月の姿が映ります。水を張った器を

置けば、その器の数だけ月の姿も増えていきます。しかし、それらはあくまで
                                   
仮の姿で、本源(大もと)は天空で輝く月そのものです。

 水面の月も私たちの自我も、同じ姿をとどめることはできませんが、月は常に天にあり

清澄な光を地上に注いでいます。「月は如来であり、その光で自分の心を照らすことが

大いなる慈悲を心に導き入れ、仏と一つになることなのだ」。

そんな空海の思いは、即身成仏の道を開く真言密教に結実し、

やがて空海自身が「大いなる慈悲の衣」となって多くの人の魂を救ったのです。

                   著書 生き方が変わる!  空海 黄金の言葉より抜粋

                                                                                                                                                                                  

大日如来       不動明王 

      大日如来                     不動明王                               

                                                                                                                                     

    観音様        お大師様・阿弥陀如来

         観音様                 お大師様・阿弥陀如来
                                     

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                将軍地蔵尊        画像の説明
                                    
     将軍地蔵尊                    阿弥陀如来

 

                                                                                                                                                      
画像の説明         八十八ヶ所                 
      手水舎の龍                       八十八ヶ所                                                                                                                                                                                                                                                                                             
      
                                

                       

   画像の説明
        不動明王・観音様・阿弥陀如来・水子地蔵

    

           画像の説明
                   六地蔵尊

              

                      

                            庭園                                   
      庭園           

                                 
                                                                                                                                                                                                                           

                                                                         
                                                                                               

                                                                                            

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional